BLOG その他

2019年01月01日

新年のごあいさつ

blog20190101_01

新年あけましておめでとうございます。

2012年の6月6日"六本木の日"にスタートした六本木未来会議は、今年で8年目を迎えます。

2018年は様々なジャンルのクリエイター14名がインタビューに登場し、六本木という街や、デザイン&アートの未来について語りました。

また、2015年から続いている、クリエイティブディレクションを学ぶ学校「六本木未来大学」を計4回実施。2018年10月には、全20回(2019年1月1日現在)のうち13講義分を再編集し収録した講義録も発売されました。

5月には、小林武史さんがインタビューで語ったプロジェクトの構想を「六本木アートナイト2018」にて実現しました。

さらに、2018年6月6日に6周年を迎えたことを記念して、新たなプロジェクトが始動。放送作家・脚本家の小山薫堂さんがインタビューで語った「六本木に6本のアートの木を植えよう」というアイデアが実現され、その1本目がPARTY クリエイティブディレクター川村真司さんによって植えられました。

今回のブログでは、2018年の振り返りとして、昨年公開したインタビューやプロジェクトの記事の中から、新たな1年を迎えるにふさわしい一言をピックアップ。一度読んだだけでは気が付かなかった、新たな発見があるかもしれません。

今年も編集部一同、さらにインスパイアリングなコンテンツやイベントをお届けできるよう、取り組んでまいります。

2019年が、あなたにとって素敵な1年でありますように。

六本木未来会議編集部 2019年元日

続きを読む...

2018年01月01日

新年のごあいさつ

元旦.jpg

「六本木未来会議」読者のみなさんへ


新年あけましておめでとうございます。

2012年の6月6日"六本木の日"にスタートした六本木未来会議は、今年で7年目を迎えます。

2017年は、数多くのトップクリエイターがインタビューに登場し、これから実現させていきたいアイデアがたくさん生まれました。

今年は2015年から始まったクリエイティブディレクションを学ぶ学校「六本木未来大学」を、計6回実施。幅広い分野で活躍される講師の方々にご登壇いただき、示唆に富んだ講義を通して多くのノウハウが蓄積されてきました。

さらに、アートナイトでは「森の学校by六本木未来会議」を開催。そしてさっそく今年1月15日(月)には、アイデア実現プロジェクト#10「六本木未来会議BOOKキャラバン by 服部滋樹」を元に、BOOKキャラバンをTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで開催します。

今年も編集部一同、さらに面白いコンテンツやイベントをお届けできるよう、取り組んでまいります。

今回のブログでは、2017年の振り返りとして、昨年公開したインタビューやプロジェクトの記事の中から、六本木や、アートとデザインの"未来"に関する文章をピックアップしました。お正月休みに、ぜひ記事本編をお楽しみください。

2018年が、みなさんにとって素敵な1年でありますように。

「六本木未来会議」編集部

続きを読む...

2017年01月01日

新年のごあいさつ

「六本木未来会議」読者のみなさんへ

 

新年あけましておめでとうございます。

2017年、六本木未来会議は6年目を迎えます。

昨年は、12名のクリエイターを迎えて行ったインタビューを中心に、さまざまな記事を毎月配信しました。

アイデア実現プロジェクトでは、クリエイティブディレクションを学ぶ学校「六本木未来大学」をはじめ、ワークショップやセミナー、六本木未来会議では初となる映画祭まで、多彩なイベントを開催し、記事化。クリエイターおすすめの六本木グルメを紹介する「クリエイターの一皿」もスタートし、「デザインとアートと人をつなぐ街に」という目標にさらに近づけた1年だったと思います。

そこで2016年の振り返りとして、昨年公開したインタビューや六本木未来大学の記事の中から、"未来"を語る言葉をピックアップしました。お正月休みに、ぜひ記事本編をお楽しみください。

今年も編集部一同、さらに面白いコンテンツやイベントをお届けできるよう、取り組んでまいります。

2017年が、みなさんにとって素敵な1年でありますように。

 

「六本木未来会議」編集部

続きを読む...

2016年01月01日

新年のごあいさつ

「六本木未来会議」読者のみなさんへ

 

新年あけましておめでとうございます。

2012年の6月6日"六本木の日"にスタートした六本木未来会議は、今年で5年目を迎えます。2015年は、インタビューやツアーはもちろん、これまでクリエイターのみなさんにうかがってきたさまざまな知見を「アイデア実現プロジェクト」として、いくつも形にすることができました。

2月には真鍋大度さんのインタビューから生まれた「Skate Drawing」、夏には水野学さん発案の「六本木未来大学」、秋には「森の学校 by 六本木未来会議 2015」などなど。そして今年1月9日(土)には柴田文江さんによる「暮らしの中にデザインを感じるワークショップ」が行われます。

クリエイターインタビューには13名が登場し、これから実現していきたいアイデアがさらに蓄積。これまで登場したクリエイターのみなさん推薦本を紹介する「デザインとアートの本棚」もスタートしました。

そこで2015年の振り返りとして、昨年公開したインタビューやレポート記事の中から印象的な言葉をピックアップ。気になる言葉を見つけたら、お正月休みに、ぜひ記事本編をお楽しみください。

今年も編集部一同、さらに面白いコンテンツやイベントをお届けできるよう、取り組んでまいります。

2016年が、みなさんにとって素敵な1年でありますように。

 

「六本木未来会議」編集部

続きを読む...

2015年01月01日

新年のごあいさつ

「六本木未来会議」読者のみなさんへ

 

新年あけましておめでとうございます。

2012年の6月6日"六本木の日"にスタートした六本木未来会議は、今年で4年目を迎えます。2014年は、これまでクリエイターや読者のみなさんとともにつくってきたコンテンツが少しずつ蓄積され、徐々に形になりつつあるように感じられた1年間でした。

毎月行った「六本木デザイン&アートツアー」のほかにも、「アイデア実現プロジェクト」として、4月の六本木アートナイトでは箭内道彦さん発案の「ふるさとシール」を配布、10・11月のTokyo Midtown DESIGN TOUCHでは椿昇さんと長嶋りかこさんのインタビューから生まれた「森の学校」を開催。どれも、たくさんの読者の方に参加していただきました。

そのほか、月2回ほど発行しているメールマガジンもリニューアル。サイトの更新情報はもちろん、プレゼントや六本木の展覧会情報なども掲載しています。配信希望の方は、ぜひこの機会にご登録ください!

さて、クリエイターインタビューは、次回で50回の節目を迎えます。登場するのは、六本木アートナイト2015でメディアアートディレクターも務めるライゾマティクスの齋藤精一さん。1月7日(水)、2015年最初の更新を、どうぞお楽しみに。

それまでの間、更新をお休みさせていただく代わりに、昨年公開したインタビューの中から印象的な言葉をピックアップして、2014年を振り返ってみました。気になった言葉を見つけたら、ぜひ記事本編をお楽しみください。

今年も編集部一同、さらに面白いコンテンツやイベントをお届けできるよう、取り組んでいくつもりです。

2015年が、みなさんにとって素敵な1年でありますように。

 

「六本木未来会議」編集部

続きを読む...

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11