BLOG

2018年06月01日

【アートな"みやげ"】no.011 雨の日が楽しくなるアートな"みやげ"

blg20180601_1.jpg

六本木にあるミュージアムショップから、毎回スタッフがお勧めするグッズをご紹介。今回は「雨の日が楽しくなるアートな"みやげ"」です。



《サントリー美術館》

blg20180601_2.JPG

商品名:スカーフ「蜉蝣」
金額:8,800円(税込)
販売期間:通年取り扱い

サントリー美術館 運営総務部 矢澤さんのコメント

サントリー美術館の所蔵品、エミール・ガレによる花器「蜉蝣」をモチーフにしたオリジナルスカーフ。蜉蝣の"儚い""水辺"などのイメージから、雨の日のコーディネートを楽しませてくれる幸せ小物です。さりげない日常の楽しみ方を知っている大人な方にどうぞ。

information

住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
[サントリー美術館]
時間:10:00~18:00(ただし金・土は20:00まで開館)
休館日:火曜日、展示替期間、年末年始

[ショップ]
時間:10:30~18:00
(金・土は、20:00まで、火曜日、展示替期間は11:00~18:00)
休館日:展示替期間中の火曜日、年末年始
入場料:企画展による、3Fショップは入場無料
公式サイト(URLをクリックすると外部サイトへ移動します):
suntory.jp/SMA/




《国立新美術館内 SOUVENIR FROM TOKYO》

blg20180601_3.jpeg

商品名:Coci la elle 晴雨兼用傘/長傘 「TIME」
金額: 27,000円(税込)
※在庫無くなり次第終了

SOUVENIR FROM TOKYOショップ担当 臼井さんのコメント

傘に描かれる独特な色彩の絵柄は、まるで持ち歩ける絵画のようです。今回ご紹介する「TIME」は、絵が完成する段階を傘の8コマで表現しています。花柄のジャガード生地の裏面に、一コマずつ表情の異なる架空の植物の線画がプリントされており、沈みがちな雨の日の気分をぐっと明るくしてくれるでしょう。

information

住所:東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館1F、B1F
時間:10:00~18:00(金曜日のみ20:00まで)
休館日:火曜日(祝日・休日に当たる場合は開館し、翌日休館)
入場料:プログラムによる、1F、B1Fショップは入場無料
公式サイト(URLをクリックすると外部サイトへ移動します):https://www.souvenirfromtokyo.jp



美しい草花を育てる恵みの雨ですが、あまりにもお天気が悪い日が続くと、ちょっぴり物憂げな気分になってしまいますよね。そんな時は、紹介した小物を身に付けて外へ出てみましょう。もしかしたら、これまで気付かなかった、雨の日ならではの素敵な発見に出会えるかもしれません。雨の日が楽しくなるアートな"みやげ"はいかがですか?



編集部 髙橋

関連ブログ