BLOG

2017年12月27日

【展覧会レポート】PERROTIN「TOILETPAPER: COLLABORATION MAURIZIO CATTELAN / PIERPAOLO FERRARI」

aaa0301_1129_ketsu.jpg

photo by Masahiro Muramatsu

現在、PERROTIN東京では2018年1月10日(水)まで、「TOILETPAPER: COLLABORATION MAURIZIO CATTELAN / PIERPAOLO FERRARI」が開催中です。「TOILETPAPER」というのは、現代アーティストのマウリツィオ・カテランさんと写真家のピエールパオロ・フェラーリさんが手掛けるプロジェクトの一つです。

IMG_9848.JPG

カテランさんとフェラーリさんは2010年に実験的アート・マガジンである「TOILETPAPER」を共同発刊し、独特の世界観を世に知らしめました。二人がアートのプラットフォームとして雑誌を選んだ理由は、できるだけ幅広いオーディエンスに自分たちの作品を知ってもらいたいという想いから。一見風変わりで、どことなくレトロな写真作品のみで構成されたこのマガジンは、二人が望んだ通り瞬く間に世に広まっていきます。

2012年には、この「TOILETPAPER」の1巻から6巻までの中で厳選した写真に、説明文を添えて出版したアンソロジーがニューヨーク・タイムズ紙のトップ10フォトブックにてレビューされました。その後も二人は活動の幅を家具、衣類、アート・オブジェなど多岐に広げ、2016年には、フランスのバンドであるカシアス(Cassius)と共に、「Ibifornia」のアルバム・ジャケットとヒット曲「Action」のビデオクリップを制作しています。

IMG_9825.JPG

インターネットや雑誌におけるファウンド・イメージからインスピレーションを得て、観る者の固定観念を崩す印象的な作品を作り上げることで知られる「TOILETPAPER」ですが、今回はそれらに"鏡"というアイテムが加わりました。ゴージャスな枠組み鏡の上にUVカラープリントでイメージを印刷することにより、作品の鏡の中にほかの作品が映り込んだり、作品を観ようとすると自分が映り込んだりと、一般的なアート作品にはないような体験をすることができます。

IMG_9847.JPG

IMG_9843.JPG

海の水面に手と顔を出す女性が印刷された作品では、その女性が目線をこちらに配り、まるで来場者がここに来るのを知っていたかのような表情を見せています。もう一つの作品では、正面から写真を撮ると、自分が二人の人物の唇の間に挟まれたような面白い構図ができあがります。どこに自分を映すのか、作品の前を行ったり来たりしながらそれを探すのも楽しそうですね。

IMG_9826.JPG

これらのアール・デコ調の鏡は、カテランさんとフェラーリさんが実際にアンティーク市に足を運び、見つけてきたものなのだとか。どれ一つとして同じ鏡はなく、それがより作品の個性を際立たせています。

PERROTIN東京スタッフの山中タイキさんはこの"鏡"について、「二人(カテランさんとフェラーリさん)がそう言っていたわけではないんですけど、社会風刺を交えてビジュアル的に面白いものを出している彼らなので、もしかしたら作品を見る人自身が作品の鏡に映り込むことによって、セルフィーやそういうものを風刺しようとしてるのかな?面白可笑しく見せてるのかな?とは感じます」とコメント。

170724_blog10.jpg

DSC_0038.JPG

また、ギャラリーの外からでも目を引くビビットな赤の壁色ですが、普段のPERROTIN東京は1枚目の写真のように、白を基調とした壁色で統一されています。今回の赤色は、開催の数週間前にギャラリーを訪れたマウリツィオさんたっての希望で、急遽変更されたのだそう。外から中が見えるPERROTINの構造上、ギャラリー自体が作品そのもののようです。

IMG_9839.JPG

本展に限らず写真撮影がいつでも可能なPERROTIN。取材に訪れた日も本格的な一眼レフをかまえた人や、気軽にスマートフォンで写真を撮る人がいました。斜めからカメラをかまえたり、しゃがんでみたりと、作品の鏡の中に自分が映らないように工夫する人もいれば、堂々と真ん中に映って自分ありきの作品を撮る人もいたりと、楽しみ方は人それぞれです。

IMG_9824.JPG

カテランさんとフェラーリさんは、自分たちの作品についてこう語っています。「我々のインスピレーションは画像の再利用です。『TOILETPAPER』はメディアとクリエイティブなエコ・サステナビリティの最先端にあります。カオスな手法で生み出される無秩序なビジュアルが、新しいアイデンティティを生み出すのです」

2017年の「TOILETPAPER」新作がこのようにまとめて展示されるのは、日本では初めてのこと。二人が生み出す新しいアイデンティティをぜひ見つけてみてください。

編集部 髙橋






information
「TOILETPAPER: COLLABORATION MAURIZIO CATTELAN / PIERPAOLO FERRARI」
会場:PERROTIN東京
会期:2017年11月22日(水)~2018年1月10日(水)
開館時間:11:00~19:00
休館日:日曜、月曜、祝日
入場料:無料
公式サイト(URLをクリックすると外部サイトへ移動します):
https://www.perrotin.com/exhibitions/toilet_paper_/6254

関連ブログ