六本木未来会議、略して「6ミライ」編集部員が、取材中の裏エピソードや地域のデザインとアートの情報を綴ります。

2012年08月17日

【展覧会レポート】トラフのコローロ展。

六本木未来会議の最新記事、「トラフ建築設計事務所」のおふたりのインタビューはもうお読みいただけましたか? 今日は、トラフの鈴野さん、禿さんの原点ともいえる場所で開催中のトラフの個展に行ってきました。


kororo torafu - 02.jpg

 

会場は、東京、目黒通りで人々に親しまれたホテルをリノベーションして生まれた文化複合施設「CLASKA」にある「Gallery & Shop "DO" (ドー)本店」。CLASKAはホテルやギャラリーが併設されていて、いかにもオシャレそうなイメージを抱いて辿り着いたのですが、外観はこんな感じで、ちょっとイメージとは違うな~、と思いながら中へ。


kororo torafu - 01.jpg


しかしながらやっぱり、エントランスから、センスが「ぴかり」と光るものが置いてあります。


kororo torafu - 03.jpg



そして、中に入ると、ホテルのレセプションデスクとカフェが。

 

kororo torafu - 40.jpg

 

 

kororo torafu - 41.jpg


そして念願の「トラフのコローロ展」の会場である2Fへ。

 

kororo torafu - 06.jpg

 

すぐに目に飛び込んでくるのは、「空気の器」の数々のインスタレーション。空中に浮いていたり、ぽよん、ぽよん、と動いていたり、お花が飾られていたり、ミニチュアがあったり...。蛍光色の発色がすごく綺麗で印象的です。名前の通り、エアリーなので、空間に柔らかい印象を与えます。

 

kororo torafu - 05.jpg 


kororo torafu - 07.jpg


kororo torafu - 08.jpg



kororo torafu - 11.jpg


kororo torafu - 14.jpg


kororo torafu - 12.jpg



 そして注目がトラフ建築設計事務所の最新作「コロロデスク」と「コロロスツール」。"自分だけの空間をもつことができる"と書いてあったので、早速座ってみました。すごく不思議な感覚なのですが、本当に自分と外界がすっと切り離されて、自分だけの空間が目の前に広がります。


kororo torafu - 17.jpg

 

 kororo torafu - 18.jpg

 

kororo torafu - 24.jpg


自分だけの部屋に帰ってきたような、そんな感覚になります。小窓がついていて、開閉できるようになっていて、バリエーション豊富にデスクを飾ってしました。とにかく、気になる小物が飾られていて、デスクとスツール以外にも見どころ満点です。

kororo torafu - 25.jpg

このバッグが気になったのですが、このスペースは竹原文子さんによるスタイリング。 


kororo torafu - 29.jpg


気になるお値段は、、。

「コロロデスク」が68,000円、「コロロスツール」が26,000円(ミナ ペルホネンとのコラボレーションバージョンは31,000円)と比較的お手頃。

  

kororo torafu - 30.jpg


kororo torafu - 31.jpg




その他にも、トラフのプロダクトや書籍が展示・販売されています。少しだけ紹介します。

 

 

私がトラフの作品の中で今一番気になっているもの。コンセプトが素敵です。


kororo torafu - 27.jpg


gold wedding ring 

シルバーで薄くコーティングを施したシンプルなかたちのゴールドリングは、時間の経過とともに、ゴールドの地肌が見えてきます。表情の変化を眺めるたび、二人が共有している時間を感じることができます(テキスト:トラフ建築設計事務所HPより抜粋)。

 


未来会議のインタビューの中にもでてきた「スカイデッキ」。

 

kororo torafu - 32.jpg



「tape hook」。壁にペタっと貼って、眼鏡やアクセサリー鍵などいろいろ掛けることができます。


kororo torafu - 10.jpg

 

「木のポケット」。iphoneスタンド。


kororo torafu - 26.jpg

 

 

8年前、トラフのおふたりが会社を設立するきっかけとなった、最初の作品、「テンプレート イン クラスカ」の模型もおいてありました。


kororo torafu - 22.jpg



このCLASKAのホテルの客室の内装デザインがふたりのトラフとしての初めてのお仕事だったそうです。トラフという名前は、当初は、このプロジェクトのためだけにつけたものだったとか!その後、CLASKAの屋上にある「テーブル オン ザ ルーフ」も手がけることになったり、スタート時、事務所もCLASKAの7Fにあったレジデンスにあり、5年間、事業もこのCLASKAで展開していたのだそうです。まさにトラフにとってはここが「拠点」なんですね。

 

 kororo torafu - 39.jpg

「テーブル オン ザ ルーフ」

CLASKAの屋上にある大きなテーブルのような舞台のようなプロダクト。ここでは、朝ヨガイベントや、ルーフトップシネマと題して、オープンエアで楽しむ映画、夜星を見ながらのピクニックも開催されています。詳しくはこちら

 

kororo torafu - 38.jpg

テーブル オン ザ ルーフから六本木方面を見た風景。


 

展覧会場はShop と同空間にあり、ここでも気になるプロダクトがたくさんありました。このチビ麦藁帽子もとってもキュートなので、写真をパチリ。いつも素敵なハットをかぶって登場する、六本木未来会議編集部、不動の制作担当、Kくんが頭をよぎりました。


kororo torafu - 34.jpg 


 トラフ「コローロ展」は9月9日(日)まで。

来週土曜日にはトークイベントも開催されるみたいなので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

 

編集部R

 

【展覧会情報】

展覧会名:トラフのコローロ展
[会場]CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店
[会期]開催中~9月9日(日) 11:00~19:00
[アクセス]http://www.claska.com/access/index.html

※8月25日(土)には、「空気の器」ワークショップとトークショー「コロロデスク/コロロスツールの
開発プロセスあれこれ」が予定されています。詳しくはこちら

※9月4日(火)には、実際トラフがデザインした部屋も見学できる、トークセッション&パーティも。詳しくはこちら

post a comment

ニックネーム
コメント内容

「六本木未来会議編集部ブログ」投稿規約(※必ずお読みください。)

  • 第1条 (遵守事項)本企画に投稿する場合は、本規約にくわえ、別途定める「東京ミッドタウンホームページ」個人情報保護方針にも同意するものとします。
  • 第2条 (禁止事項)本企画に投稿する場合、以下の行為を禁止します。
    • (1) 第三者や三井不動産株式会社ならびに東京ミッドタウンマネジメント株式会社(以下「弊社ども」といいます。)、弊社ども関係会社の著作権やプライバシーおよび財産権の侵害。
    • (2) 第三者や弊社ども、弊社ども関係会社へのクレーム、誹謗、中傷または脅迫。また、これらの内容を含む投稿。
    • (3) 第三者や弊社ども、弊社ども関係会社に不利益、損害を与え、信用を毀損するおそれのある行為。また、これらの内容を含む投稿。
    • (4) ご利用者側の営利行為のための本企画利用。
    • (5) 公序良俗に反する行為。また、公序良俗に反する投稿。
    • (6) 有害なコンピュータープログラム等を書き込むまたは送信する行為。
    • (7) 本企画に投稿する際に、ご利用者自身以外のメールアドレス、氏名を不正に使用する行為。
    • (8) 本企画の運営を妨げるような行為。
    • (9) 前各号の他、本規約に違反する行為で、第三者や弊社ども、弊社ども関係会社の業務に支障を及ぼし、または及ぼす恐れのある行為。またこれらの内容を含む投稿。
    • (10) その他法令に違反しまたは違反する恐れのある行為。
  • 第3条 (その他)
    • (1) 本企画への投稿は、ご利用者自身の責任において行われるものとします。ご利用者が本企画へ入力した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
    • (2) 弊社どもはご利用者に対し、本企画への掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載記事によりご利用者が被害を被ったとしても、弊社どもはご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
    • (3) 本企画への投稿は、弊社どもが選別したうえで本企画に掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間を頂戴いたします。なお投稿内容の一部を弊社どもが編集・追記・削除したうえで掲載される場合があります。
    • (4) 本企画への投稿が実際に掲載された場合でも、ご投稿者に対する弊社どもからの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

制定日:2012年6月6日

掲載日:2012年6月6日

  • ※コメントは、必ずしもすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間を頂戴いたします。なおコメントの一部を編集・追記・削除したうえで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

規約に同意して投稿する

六本木未来会議 デザインとアートと人をつなぐ街に

六本木未来会とは?

六本木と人